ミックスホスト

ミックスホストというのがあるらしく、たまにお勧めしている人がいます。まあ、アフィリエイトがらみなので、よいという保証はありませんが・・・。

本人の申し込みも可だそうなので、ミックスホストと提携してみることにしました。まあ、私がここで宣伝しても、誰一人契約する人はいないでしょうが、自分が申し込む分にはメリットがあります。3000円ぐらいの割引きクーポンみたいなものです。

コントロールパネルはcPanelだそうなので、いつも使い慣れているから問題はありません。一応、サイトも見てきましたが、海外のホスティング会社(レンタルサーバー会社)とよく似ています。とりあえず、問題はなさそうです。

そういうわけでミックスホストを検討中です。

しっかり使い込んだら、後でレビューを書こうかなと思います。

追伸:
ミックスホストとエックスサーバーを比較するサイトを見たら、やたらミックスホストを薦めているので、どうしてかと思ったら、エックスサーバー成約の報酬が2858円に対して、ミックスホストは3000円でした。ミックスホストを使わせた方がお金になるから一生懸命推しているような感じですね。

なお、ミックスホストのデメリットして、メールの受信が遅いと言うのがありました。それは最悪です。メールの送受信を行う人はミックスホストはやめた方がいいと思います。ところが、ミックスホストを推しているサイトでは、メールの受信が遅いのはどうでもいいようなことを言っています。どう考えても、頭がおかしいです。メールの受信が1秒遅れても、私の場合、大損害なので、使えませんね。

まあ、メールを送受信するつもりのないドメインでなら使えるかなと思います。

なお、こちらのサイトはミックスホストを一所懸命に推薦していますが、よく考えるとこういうことなので、特に推薦する必要もないかと思います。

なお、現在では、エックスサーバーは、一番安いX10で一日150GBまで快適に使えることを保証してくれているので、上の狂気じみた推薦をしている人の言っているようにはなりません。また、1PVで2MBの転送量と言っていますが、サイトのコンテンツ次第とはいえ、普通、そこまでの転送量はありません。

1ページあたり、数百キロバイト(0.5MB前後)以下で作るのがホームページ作成の原則ですので、原則通りに作っていれば、そんな転送量にはなりません。たとえば、2MBの画像はかなり大きく、アップロードにもかなり時間がかかりますし、巨大な画像になるので、普通のパソコンの画面では入りきれません。パソコンの画面いっぱいに表示される画像で、jpeg画像なら、普通0.15MB~0.2MBぐらいです。

また、エックスサーバーでも、WordPressのキャッシュ作成は行っていますので、ミックスホストの専売特許ではありません。エックスサーバーでも、WordPressのキャッシュを利用すると、どれだけ大量のアクセスがあっても、普通は問題ないと思います。

ついでながら、いくらキャッシュを利用しても、静的HTMLサイトの表示速度にはまるでかないません。静的なHTMLサイトなら、一日に5万や10万のアクセスが殺到しても、月あたり200円のXREAプラスで十分余裕で対応できます。

まあ、あえて言えば、同時アクセスがあったときに、どこまでさばけるかとか、無応答がどれぐらいの頻度で起こるかですね。ミックスホストは、アダルト可というのがかなり怖いです。アダルト可の場合は、レスポンスがあまり安定しない傾向があります。その点が要注意です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です